ポルトガル交流・文化体験

ポルトガルからはるばるようこそ。
柔道を学ぶ子どもたちと、先生方20名ほどにお茶体験をしていただく機会のオファーがあり、精一杯努めさせていただきました。

先生も子どもたちも同じ「道」を学ぶ心で繋がっています。

見る姿勢、聞く姿勢、感じる姿勢…
どれをとっても、とても心地よい空気を作ってくださいました。
最後の片付けの際にポルトガルの子の中からもぱっと立ち上がり、茶碗を下げてくれた子がいたのには、本当に驚いたとともに、これこそが思いやりと空気を読む力だなぁと感心です。

金平糖をお出しして、かつてポルトガルからもたらされ日本で広がったお菓子だと話し、古からの繋がりも感じたかな。
溢れる笑顔で、皆の和がまとまったのを感じました。

本当に幸せな時間を、皆さまのおかげで作り上げられたこと、感謝でいっぱいです。
ありがとうございました。

1件のコメント

高山茶筌 翠宏園さんへのインタビュー

奈良県生駒市高山町室町の時代から一子相伝として技術を受け継ぎ茶筌を生産しています。
その高山の地で代々茶筌作りをしている翠宏園さんへ伺い、日本の伝統工芸がかかえる様々な課題や現状についてのお話を聞かせていただく機会をいただきました。

 

コメントを残す

The way of tea by Tea ambassador

スペイン語圏向け茶道のご紹介ビデオ制作のご協力をいたしました。

YouTuberのトニーさんの動画サイト Japón desde Japón

コメントを残す

エストニアでの思い

昨年のこと、エストニアとフィンランドにてビジネス通訳のご依頼をいただきました。

テキスタイルの会社訪問でしたので、通訳の立場を超えていることは承知の上で、思いきって和装で訪問し、簡単なお点前でのお茶会をいたしました。

直前に両社のパートナーシップが結ばれるという、願ってもないシチュエーション。
その結びつきを願い、エストニアと日本との繋がりを意識した空間を、同席してくださった社員の皆様と共有できたなんとも暖かい時間となりました。
お茶が人と人、国と国を繋ぐ架け橋になることを改めて意識した瞬間。

一期一会を大切に。
私はこういう瞬間をこれからも紡ぎだしたい、そう意識する時になったと確信しています。

コメントを残す